クレジットカードの限度額

クレジットカードには限度額がそのカードごとに設定されていて、その金額を超えて使うことはできないようになっています。この金額は、まずは最初の申込み時に、申込者の年収などの属性に応じて決められます。

一般的なクレジットカードでは、数十万円レベルであることが多いでしょうが、ゴールドカードなどのクレジットカードでは100万円を超えるような金額に設定されることも珍しくはありません。



日常的なカード利用であれば、おそらく50万円程度もあればまずは十分といえることが多いのではないでしょうか。仮に毎月上限近く、例えば40万円を利用するとしても、年間に換算すると480万円になります。



これは平均的な人の年収レベルか、それを超えるレベルかもしれません。それだけの金額をカードで決済する人はさほど多くはないでしょう。しかし、より低い金額が限度額になってしまっている人や、日常的には十分だけれども時として高価な買い物をする際にはもっと高い限度額が欲しいと思っている人もいるでしょう。カードの限度額というのは、カード発行後、そのカードを使い続けることで上がっていくことが多いです。それなりにカードを使い、しかも支払いの遅延も起こしていなければ、カードの限度額はこちらから特に何もしなくても自動的に引き上げられていくのが普通です。



ですが、それを待っていられないという場合は、一時的な限度額の引き上げであれば比較的簡単に依頼することができます。