クレジットカード審査について

クレジットカードを作る際には必ず審査が行われます。

職業では会社員の人なら問題なく作れますし、契約社員やパートやアルバイトでも勤続年数が長ければ問題ありません。


また、個人事業の方は営業年数が重要であり、ある程度の実績を積んでから申し込みをすればスムーズに審査に通ることができます。
これらの職業の他にも、クレジットカードを申し込む際には条件があります。

例えば、連絡の取れるような電話を持っていない場合にはカードを作ることはできません。

電話の種類は固定電話でも携帯電話もでも構いません。



どちらか一方を保有していればOKですので、この条件で困る人はほとんどいないでしょう。

また、職業に関連する部分もありますが、学生以外はある程度の所得がなければ審査に影響します。

自己申告制ですので何とでもなると思っている人も多いようですが、このような書類には正直に申告をしておいた方が無難です。



他にも、過去にクレジットで延滞を発生させたことのある人は審査がとても厳しくなります。
このクレジットには携帯電話の割賦も含まれていますので注意が必要です。



最近では若い世代で携帯電話の割賦による遅延が増えているようなので、心当たりのある人はクレジットカードを作る際に影響が出る可能性があります。

過去どれくらいの範囲が見られるのかというと、おおよそ5年程度ですので、10年以上などのずい分前の情報ならそれほど気にしなくても良いようです。