クレジットカードのリボ払い、その注意点

一時的に代金の支払いを先延ばしすることができるクレジットカードには、いくつかの支払い方法があります。
一括払い、分割払い、そしてリボ払いがその代表的な種類です。

一括払い、分割払いは字を見れば、どのような支払方法かが理解できます。


一方のリボ払いは字だけでは理解しにくい方法ですが、これは1回に支払う金額が決まっており、クレジットカードの請求金額に関係なく、毎月、その金額を支払っていくと言う方法です。



毎月、支払う金額が明確であると言うのは家計などを把握する上ではとてもメリットが大きいです。

ただしリボ払いには、注意点があります。

それが、支払う額が請求金額に左右されないと言う点です。どれだけクレジットカードの請求金額が高額になっても、リボ払いにおいては1回に支払う金額に変更は発生しません。

ですから請求金額が高額でない場合は、それほど返済は長引かないことが予想されますが、反対に請求金額が高額になった場合は、返済が長引いてしまうことが予想されます。


そしてリボ払いに関しては、一定の手数料や利息が発生する場合がほとんどです。そのため返済が長引けば長引くほど、手数料や利息が発生し、その金額だけで相当な額になってしまうことも予想されます。



手数料などが発生しない一括払い、そしてそれらは発生するものの、請求金額によって支払額も変わってくるため、支払い期間が限定的である分割払いに比べると、リボ払いはこの点に注意が必要な方法です。


ですから事前に、手数料などはいくらくらいなのかを確認しておき、できるだけ必要な時以外には利用しないようにすることが求められます。