クレジットカードの支払いに遅れたらどうなるのか

クレジットカードを利用すると、必ずその支払いの請求が来ます。


この支払いに関しては、こちらが指定しておいた口座から自動的に引き落とされるのが一般的です。
ですがその口座に、支払う額以上の金額が無かった場合には、当然、支払いを済ませることはできません。


すると支払いに遅れが発生してしまいます。

クレジットカードの支払いに遅れが発生してしまった場合、メリットは全くありません。



具体的にはどのようなことになるのかと言うと、まずは遅延金や手数料などが発生してしまいます。



そしてそれにより、本来、支払わなければならない金額以上のお金を支払わなければならなくなってしまいます。
自分が買い物で使用した金額を支払うのは納得できることですが、本来、支払う必要がなかったお金を支払わなければならないと言うのは、とても損なことです。

それから支払いに遅延したことは、個人信用情報にも記録されます。

この個人信用情報は、クレジットカードの契約に際しては勿論のこと、あらゆる金融機関でサービスを契約しようとする際の審査材料としても利用されています。

そのため、ここに支払いの遅延が記録されてしまうと、様々な金融機関のサービス利用においても影響が出てくる可能性が高くなります。

住宅購入の際の住宅ローンなどは、人生においては利用する可能性が高い金融サービスです。



よってそこに影響が出てきてしまうと、人生設計そのものが狂ってしまう可能性も高くなってしまいます。

ですからクレジットカードの支払いは遅れないことが重要で、そのためにはカードを計画的に利用することが求められます。