クレジットカードのキャッシングについて

クレジットカードはショッピングとキャッシングが出来ます。キャッシング機能はお金を借りる事が出来ます。
クレジットカードのキャッシング機能を使うには、カード会社の連携している金融機関のATMなどに行き手続きをするとお金を借りられます。



ショッピングに比べてキャッシングの方が金利は高くなってしまいますが、急にお金が必要になった時にすぐ借りられるのは大きなメリットです。

クレジットカードのキャッシングは消費者金融が提供しているサービスと同じで無担保で個人向けです。

会社によって審査があり、借りる金額や金利などの条件が決まります。

ショッピングで使える金額とキャッシングで使える金額は別々に設定されているのがほとんどです。


自動契約機や書面審査の場合は、一般的に50万円以下か年収の1割程度が借りられます。

審査によって所得証明書や収入証明書を提出する場合があります。


カード会社と連携している金融機関のATMを利用した場合手数料がかかります。



キャッシングの金利は10万円未満だと20%で、100万円未満だと18%、100万円以上だと15%と言うのが多いです。

金利の水準は消費者金融とほぼ同じです。

金利はカード会社によって違いますが、クレジットカードのグレードでも違ってきます。



金利が低くなるのはゴールドカードなどです。


カードが発行される時に会員の審査が行われていて、一般的にゴールドカードの方が信頼性が高いなどの理由からです。
返済方法は一括払いとリボルビング払いがあるので、自分に合った返済方法を選べます。