クレジットカードの職業による審査基準

クレジットカードを作る際、職業による審査基準があります。

最近では学生であっても未成年でなければそのまま利用できますが、未成年の場合でも親の承諾書があれば作れるようになっています。
もっとも審査に通りやすいのはやはり会社員であり、勤続年数が一年以上あればより作りやすくなります。一年未満であっても作れないことはありませんので、やはりクレジットカードを持ちたいのなら会社員が有利ということです。

同じような仕事をしている場合でも個人事業の方はやや厳しくなることもあります。


厳しくなるケースとしては営業年数が短く、それほど実績が積まれていない場合です。

事業を開始した直後などはなかなか信用してもらうことができませんので、クレジットカードを作るのが難しくなります。



ただしこれには例外があって、資格の必要な医師や弁護士は営業年数が短くても信用してもらえますので作りやすくなります。



契約社員やパートやアルバイトの場合、作れないということはありませんが、審査に通るのに苦労をするケースも見受けられます。

それでも勤続年数が長ければ通りやすいのですが、勤続年数も短いと信用されにくくなります。



無職の場合には通常なら審査に通過することができません。
最近ではWeb上で申し込めるタイプもあって審査に通過しやすいと言われていますが、その場合でも無職の人は難しくなります。
無職であっても不動産収入のあるような方なら審査に通過できるかもしれません。