クレジットカードの賢い使い方

支払いを現金で行うのは少し前なら当たり前のことでした。

様々なサービスが発達した現代では、現金で支払いをすると損をする場面も増えています。
例えば、クレジットカードを使って支払いをするとポイントが付与される事があります。
貯まったポイントは商品券やウェブマネー、生活用品やレジャー施設のチケットなどと交換できます。

現金で支払ってもポイントは付与されないので、クレジットカードを使って支払いをした方が賢いと言えます。
クレジットカードでポイントが付与されるケースは、デパートやレストランの支払いをカード払いで済ませる時、ネットショッピングの代金決済、自動引き落としによる公共料金の支払いなどがあります。

この中で無理せずカードを使えるのは公共料金の支払いです。



公共料金は水道、電気、ガスなどの生活に欠かせないサービスで発生します。


これらの支払いを自動引き落としで行えば、払い忘れ防止になって、ポイントも付与されてお得です。
クレジットカードを使って付与されるポイントは、カード会社によって還元率などが異なります。



還元率の一般的な相場は0.5%~1%で、特定のサービスや記念日などで使うと還元率が増えるカードもあります。ポイントの価値は商品券やウェブマネーの交換レートから、1ポイントは1円相当だと考えられます。

基本的に還元率の高いカードを選べば良いのですが、カードの特徴などを良く考慮してから利用するカードを決めたいです。