クレジットカードの基礎知識

クレジットカードは、現金不要でお買い物が出来る便利なカードです。

普段当たり前のように使っていますが、そのシステムについては曖昧な方も多いかもしれません。

プリペイドカードが前払いなのに対し、クレジットカードは後払いのシステムです。

カード加盟店は、利用者がサービスを利用してカードを提示した場合、その後加盟店管理会社を経由してカード発行会社から料金の支払いを受けます。
カードの利用者は、カード発行会社との間に契約が出来ることになり、カード発行会社からサービス利用料金の請求が来る仕組みになっています。

従ってカード発行会社は、貸倒れになるのを防ぐため、料金を支払える能力があるかどうかを事前に審査することになります。

一般に、本人に収入がないか、クレジットヒストリーが無く信用情報を確認出来ない場合には、審査を通るのは大変難しくなっています。


一方デビットカードは、預金口座と紐付けられたカードを意味し、口座残高を越えない範囲で利用することが出来ます。

デビットカードを利用してクレジットヒストリーを作った後であれば、クレジットカードの審査が通ることがあります。



主婦などで、これまで信用情報がない人のことをスーパーホワイトと呼び、多くはクレジットカードの審査で落とされてしまいます。
このため先にデビットカードを作ってクレジットヒストリーを作ってからクレジットカードに申請することをお勧めします。



デビットカードであれば、無審査となっているケースも多くあります。