クレジットカードとデビットカードの違いとは

インターネット時代には、クレジットカードの利用は欠くことのできないものとなりつつありますが、最近では、クレジットカード会社の提携するデビットカードもクレジットカード同様に利用できるようになってきています。

両者の違いにはどのような点があるのでしょうか。



まず、デビットカードの場合には発行時に審査が行われませんので、年齢に達していれば誰でも発行することができます。



また、利用限度額は通常は上限が口座残高となりますので、借金をするわけではありませんので、使いすぎるということもありません。
ここらが最も大きな違いということになります。さらに言えば、デビットカードではETCカードが付帯されているものはありません。


デビットカードといえば、以前は利用できるところがほとんどないということで使えないカードというイメージがあったのですが、前述のようにクレジットカード会社が提携するカードが登場してからは、ほとんど差がなくなってきているというところです。


ただし、月額利用料が発生するような支払いの場合には利用できないケースもあります。
ポイント付与率や還元率、カードのグレード、マイレージを貯めるなどまだまだ多くの点でクレジットカードのほうが高い利便性を有していますが、デビットカードの利便性も次々に高くなってきており、今後はこの差も徐々に解消されていく方向に行くでしょう。



デビットカードの場合には、まだまだ発行されているカードの数も少ないですが、多くの銀行から新たに提供されるようになっていますので、今後はさらに利便性の高い商品が提供されるようになるでしょう。