クレジットカードは最大で何枚まで持てる?

クレジットカードは最大で何枚まで持てるのかという問いに対する答えとしては、「何枚でも持てる」ということになります。法律では特に制限はありませんし、カード会社の規約でも枚数についての制限は基本的にありません。

しかし、キャッシング枠をつけている場合には、借入件数1件として数えられてしまうので、注意が必要です。

キャッシング枠付きのクレジットカードは、3枚くらい発行した時点で、ややハイリスクとなってしまいます。



銀行の審査では借入件数が3件を超えると通らなくなるという意見もあるので、住宅ローンの審査などに影響してしまう可能性があります。

理想を言うなら、キャッシング枠は基本的には付けないようにして、海外旅行に行く時などに、一時的に付けてもらうようにしておくのが良いでしょう。



短期間でたくさんのクレジットカードに申し込むと、申し込みブラックとなってしまうことがあるので、1ヶ月あたりの申し込みは3社以内に抑えておきましょう。



短期間にたくさん申し込んでしまうと、「お金に困っている事情があるのかもしれない」などと疑われてしまいます。

最終的には、カード会社が判断をすることになるので、審査に通りさえすれば、10枚以上のカードを持つこともできます。

契約しているカードのショッピング枠、キャッシング枠などの情報は個人信用情報に記載されているので、カードの枚数や枠の大きさによっては、審査に落ちる原因になることもあるでしょう。年収に対して無理のない枠を持つようにしておけば、4枚~5枚くらいを持つことはそう難しくはないようです。