クレジットカードにおける本人確認

クレジットカードを利用するには本人確認の書類を提示することが法律で定められています。

クレジットカードを発行した後には様々な用途の支払いに充てることが想定され、身分がはっきりとしていない人が利用するのは好ましくないからです。


また、本人確認がしっかりと行われないとマネーロンダリングの温床になってしまう恐れもあります。

そこで本人確認書類として運転免許証、健康保険証、在留カード、パスポートなどを提示する必要があります。


ところが、運転免許証やパスポートは所持していない方がたくさんおられます。



健康保険証に関しても提示したくないという方も稀にいらっしゃいます。



そこで一部のカード会社では年金手帳や住民票などを本人確認の書類として認めているケースもあります。

マイナンバー制度が導入されたため、そちらを本人確認書類として扱う会社が今後登場する可能性もあります。

クレジットカードにおける本人確認は社会通念上の観点から見ても非常に重要ですが、同時に一定のプライバシーを保護しなければならないという点も大切です。

カードローンを利用は高度な個人情報でもあります。
この本人確認の確実性とプライバシー保護を両立させることが求められています。

利用者がクレジットカード会社を選ぶ際には審査の難易度や金利の低さだけでなく、自らの情報を預けられる信頼性の高さなどにも留意しておく必要があります。



カード会社が利用者を審査するのと同じように、利用者もまたカード会社をチェックした上で利用するようにしましょう。